トップページ > 車整備のQ&A > 室内 - エアバック

エアバック

エアバックエアバックは車の衝突など、車に大きな衝撃を受けた時にシート・ベルトの保護機能に加え、乗員への衝撃を緩和する乗員保護補助装置です。
車の前面または側面に衝撃を受けると、エアバックコンピューターが反応し、エアバックを膨らます仕組みになっています。

エアバックがあるからもしもの時も絶対安全!と言うわけではなく、正しい認識と利用をしなければその効果は激減していまいます。逆に大きなけがをしてしまうことにもなりかねません。

車の走行時は必ずシートベルトを正しく装着し、インストルメントパネルの前や上に物を置かないようにしましょう。

エアバッグが膨らむ条件とは?

車に大きな衝撃を受けた時に膨らみます。
規定値は以下の通りです。

(1)時速20km~30km程度またはそれ以上の速度で、コンクリート壁のような強固な構造物に正面衝突したとき。
(2)自動車などと衝突し、(1)の衝突と同様の衝撃を受けたとき。

エアバッグは膨らんだ後、すぐにしぼむため、その後に起きる衝突に対しては効果がありません。

エアバッグが装備されていてもシートベルトは必要ですか?

エアバッグはあくまでもシートベルトの機能を補助する装置です。シートベルトを着用していないと、エアバッグの効果が少ないばかりか、逆に大きなけがをするおそれがあります。
また、事故の際、エアバッグが作動したにもかかわらず、乗員が死亡した事例を調査すると、シートベルトを着用していなかった場合には死亡率が約15倍も高くなっているというデータもあります。

体の小さい人について、エアバッグの危険性が米国で指摘されているようですが?

米国では、シートベルトを正しく着用していなかったことなどから、小柄な人がエアバッグの衝撃で被害を受ける事故が発生しています。

エアバッグを装備した車両で前面衝突事故にあったところ、エアバッグが作動してけがをしてしまったのですが?

エアバッグは前面衝突事故の際に乗員が致命的な傷害を受けないように設計・装備されています。このため、ある程度の高速の衝突を想定して、エアバッグが膨らむタイミングや膨らむ速度などを決定しています。従って、エアバッグが装備されていても全ての前面衝突事故において全く傷害を受けないで済むというものではありません。

また、エアバッグの膨張速度(エアバッグの膨らむ速さ)は時速100km~300kmに達します。このため、エアバッグが膨らむときに擦過傷(かすり傷)、打撲傷、骨折、火傷等の被害を乗員が受ける可能性があります。

エアバックを膨らましているガスは体に悪いものではないですよね?

エアバッグが膨らむ際に発生するガスそのものは特に有害なものではありません。

サイドエアバックは普通のエアバックとは何か違うのでしょうか?

サイドエアバッグは、側面衝突時に瞬時に膨らみ、頭や胸などの上体への衝撃を軽減します。運転席や助手席のエアバッグと同様、シートベルト併用式(SRS)ですので、シートベルトを着用していないと十分な効果は期待できません。また、側方からの衝突の場合に対してのみ膨らみ、すぐしぼむため、前面衝突、後面衝突、多重衝突、横転・転落などの場合には効果がありません。