トップページ > 車整備のQ&A > エンジン - スパークプラグ

スパークプラグ

スパークプラグスパークプラグとはエンジンはピストンの上昇で圧縮したガソリンと空気の混合気にスパークプラグで火花を発生させ、点火、爆発させることで、ピストンを再び押し下げ駆動力を得ています。
スパークプラグには、そのような高温高圧の環境下でも確実に火花を飛ばすことができる性能が要求されます。
エンジンが駆動している間、スパークプラグはタイミングをとりながら放電火花を飛ばし続けます。スパークプラグは放電させることで電極が磨耗していきます。また燃焼によって発生した熱によって電極が高温になるので容易に融解しない事と高い硬度が要求されます。

スパークプラグも交換が必要でしょうか?

スパークプラグは消耗部品です。
スパークプラグの寿命は使われている素材によって異なります。スパークプラグのメーカーでは2万キロメートルの交換を推奨しているものもあります。

白金プラグやイリジウムプラグはギャップ(隙間)の点検調整は不要で10万キロごとの交換がメーカーにより定められています。これらの長寿命プラグは法定点検などでも毎点検とは定められていません。