トップページ > 車整備のQ&A > エンジン - ベルト

ベルト

車には走行するほかにエンジンの動力を利用しているさまざまな装置があります。

ファンベルト
バッテリーを充電し走行中の電気を作り出す発電機(オルタネーター、ダイナモ)、また、冷却水をエンジン内やラジエターに循環させる装置のウォーターポンプがあります。この2つは1本のベルトで回され、またエンジンを冷却するためのファンを同時に回されることが多いことから、一般にファンベルトと呼ばれます。
パワーステアリングベルト
ハンドル操作の補助力として作動するパワーステアリング装置の油圧ポンプを駆動させるベルトです。
エアコンベルト
エアコンシステムのガスを圧縮するためのコンプレッサーを作動させるベルト

その他、スーパーチャージャーや排気ガス対策装置のエアポンプなどがあります。
これらの装置もすべてベルトを使ってエンジンの駆動力を利用しています。自動車の補機類はエンジンの駆動力を利用し、それらが十分なの仕事をするためには大切な部品です。

使用されるベルトの数は、車種によって異なります。オルタネーター&ウォーターポンプ、パワステ、エアコンと3本のタイプ、2本使うタイプです。すべてを1本で回すサーペンタイン方式があります。

アイドリング中やペダルを踏んだ時に音が鳴ります。

エンジンを始動した直後や電装品のスイッチを入れたとき、アクセルペダルを踏み込んだ時など「キーーーーー!」という甲高い音や、アイドリング時、エンジンルームからの異音で「キュルキュル」という高い音を発生する場合ベルト鳴きが考えられます。

ベルトの劣化
ベルトの素材にはゴムが使われています。
当然、摩擦で磨耗もしますし、発熱や経年劣化の影響を受け硬化していきます。たとえ自動車を使用しなくてもと劣化は進んでいきます。ゴムの硬化が起きるとベルトはでスリップが起きやすくなりベルト鳴きが発生します。
ベルトの伸び
ベルトには芯線が入っており、引っ張りの力には強度を持っています。
しかしながら適正な張力にしないと交換直後でもベルト鳴きが発生することがあります。
また使用により、ベルトの溝が磨耗していくことによって張力が低下しベルト鳴きが発生します。
駆動装置の故障
ベルトによって駆動しているポンプやコンプレッサーが故障し、ロックすると当然ベルトはスリップして煙と共に激しいベルト鳴きが起こります。

ベルトの点検

ベルトの劣化状態によっては交換しなければいけません。判断は目視によって行われます。
表面に亀裂などが入っていないか確認しましょう。細かい亀裂、ひび割れ傷を発見したら整備工場に依頼しましょう。