トップページ > 車整備のQ&A > エンジン - バッテリー

バッテリー

バッテリーは、エンジンを始動させるという、一番最初の重要な役割がありますが、その他、ライトなどの電装品や車を動かすための装置にとっても重要な役割を担っています。
大抵の車のバッテリーは、エンジンルーム内に装備されていますが、車種によっては足元や椅子の下、トランクルーム等に装備されています。

バッテリーバッテリーは高温にも低温にも弱いです。
高温では劣化を促進させ、低温では本来の性能を発揮できません。特に低温下でのバッテリーの性能は、著しく低下してしまいます。

点検や保守方法はどうすればいいでしょうか?

日常点検として義務づけられています。少なくとも1か月に1回または自動車の走行距離、運行時の状態等から判断した適切な時期に点検が必要です。

液量点検
バッテリー液バッテリーの側面から液量を点検します。
液量がUPPER LEVELとLOWER LEVEL間の半分以下に低下している場合は、UPPER LEVELまで精製水を補充します。
※ メンテナンスフリー「密封タイプ」のバッテリーは、補充の必要はありません。
詳細は、バッテリの取扱説明書、車両のメンテナンスノートなどをご参照ください。
外観点検
本体にヒビ、割れ、欠け、液漏れ、およびキャップ(液口栓)の排気孔にゴミなどの付着がないことを確認します。
バッテリが取付け金具でしっかり固定されているか点検します。緩んでいる場合は、バッテリがしっかり固定されるまで取付け金具のナットを締め直します。

なぜバッテリあがりが起きますか?

電気の使用量が充電する量を上回って、充電不足の状態をバッテリーあがりといいます。充電すれば回復し使用可能な状態になるものです。これがバッテリトラブルの中で最も多く発生しています。

バッテリあがりの主な原因
バッテリーが古い、発電機のトラブル等、長期間放置、電装品の過剰使用、ライトの消し忘れ

バッテリーも交換が必要になりますか?

バッテリ内部の極板が劣化し、蓄電量が少なくなるため電気容量が低下しエンジン始動できないものは、充電してもすぐに使用できなくなります。この場合バッテリーの交換が必要です。
自動車バッテリーそのものの寿命としましては通常3~5年前後と言われていますが、バッテリーの寿命は、実は製品自体の性能やご使用状況に左右されます。
一般に充放電の激しい使われ方(エンジンの始動停止が多い・電装品の使用が多い・通勤のみ等走行時間少ない)等は著しく寿命を短くします。

バッテリー交換の目安
・バッテリー液の減りが激しい
・バッテリー液の減りが各セルで偏っている。
・バッテリー液は十分入っているのにセルモーターの廻りが悪い。
・充電しても比重が上がらない。
・1年以上、車を使用していない。
・過去に、何度かバッテリーアガリの経験がある。